1. トップ(個人)
  2. CO2排出係数/電源構成

CO2排出係数/電源構成

GREENaでんきはCO2ゼロ(※2)

CO2ゼロ(※2)の電気をすべてのお客様に供給

グリーナでんきはCO2排出係数ゼロ(※2)。次の世代のために、100%の自然エネルギーの電源で電力サービスを提供することを目指し、電力事業者として今出来ることとして、『CO2ゼロ電力』を供給しております。

●電気事業者別排出係数(特定排出者の温室効果ガス排出量算定用) - 令和1年度実績 - R3.1.7公表
小売電気事業者 調整後排出係数(t-CO2/kwh)
東北電力株式会社 0.000528
東京電力エナジーパートナー株式会社 0.000455
中部電力株式会社 0.000452
北陸電力株式会社 0.000526
関西電力株式会社 0.000334
中国電力株式会社 0.000636
九州電力株式会社 0.000347
グリーナ株式会社
(GREENaでんき)
0.000000
※一部抜粋

※上記表について: 環境省・経済産業省公表資料「電気事業者別排出係数(特定排出者の温室効果ガス排出量算定用)」より抜粋
※2「地球温暖化対策の推進に関する法律」(平成10年法律第117号。以下「温対法」という。)における電気事業者ごとの実排出係数及び調整後排出係数の算出及び公表について、2020年12月(2020年秋公告)の弊社供給実績を元に算出した調整後排出係数がゼロであることを言います。

GREENaでんきの電源構成

2020年度は電源構成比で再生可能エネルギー(FIT電源含む)比率50%以上、将来的には100%電源のすべてを自然エネルギーで供給することを目指しています。

電源構成

【実績】
2019年度実績については、下記のとおりとなっております。
・再エネ(FIT電源含む) :27.2%
・常時バックアップ :2.0%
・JEPXその他 :70.8%
でした。

※1 固定価格買取制度(FIT制度)を用いた再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を活用して売電している電気のことをFIT電気といい、当社がこの電気を調達する費用の一部は、当社のお客様以外の方も含め、電気をご利用の全ての皆様から集めた賦課金により賄われており、この電気のCO2排出量については、火力発電なども含めた全国平均の電気のCO2排出量を持った電気として扱われます。FIT電気の50%はあくまで計画値であり、需要供給のバランスにより、前後する場合があります。
※2 この電気には、火力、水力、原子力、FIT電気、再生可能エネルギーなどが含まれます。他社から調達している電気の一部で発電所が特定できないものについては、「その他」の取扱いとする計画です。
※3 常時バックアップは東北電力(株)、東京電力(株)、中部電力(株)、関西電力(株)、九州電力(株)の不特定の発電所から継続的に卸売を受けている電気です。